私たちはさまざまな物やサービスを購入してくらしています。それらの多くは地球の限りある資源を基にして作られています。
つまり、どのような物を買い、どのように使い、どのように処分するかが、地球の環境に直接かかわってくるのです。

みんなの未来に美しい環境を残していくためにも、いま自分たちでできることを実行していかなければいけません。その合言葉が3R(スリーアール)です。毎日の生活の中で、この3Rを心がけましょう!

買うとき Reduce:リデュース(ゴミをへらす)
  • 長持ちする商品を選んで買う

  • 何度も使えたり別のことにも使えたりする商品を選ぶ

  • すぐあきてしまうような商品は買わない

  • 環境のことを考えて作られているマークの付いた商品を選んで買う

  • よけいな包装はことわる

こわれたとき・使わなくなったとき Reuse:リユース(再利用する)
  • ほかに使い道がないか考える

  • 欲しい友だちにあげる

  • 服は弟や妹にあげる

  • フリーマーケットやリサイクルプラザに持ち込んで欲しい人にゆずる

捨てるとき Recycle:リサイクル(再生して使う)
使えなくなった物でも、そこから使える材料を取り出して、資源として再活用することができます。そのためにも物を捨てる時はきちんと「分別」することが大切です。
  • <資源として再活用できるもの> 紙、プラスチック容器、かん(スチール、アルミ)、びん、ペットボトル、布など