契約とは
契約とは売り手と買い手双方が「何をいくらで売買するか」合意した時に成立します。契約書があるときだけが契約ではありません。口約束でも契約は成立します。例えば日常的な買い物も契約のひとつです。契約が成立すると双方に「法的な権利と義務」が生じます。それが単なる約束との違いです。有効に成立した契約は、どちらか一方の都合で勝手にやめることはできません。そのような場合は、「違約金」や「損害賠償」などを請求される場合もあります。
様々な支払方法
現金だけではなく様々な支払方法があります。
以下の表を参考にして、それぞれの特徴を理解して、賢く使い分けましょう。
金券 図書券やデパートの商品券など、代金を先払いしてお金の代わりに使えるようにした券です。券の種類によって使えるお店や商品は限られます。お釣りが出ない場合もあります。
クレジットカード 代金後払い式のカードで、現金を持っていなくても買い物ができます。その人の信用や収入に応じて一定の条件で利用することができます。現金を持っていなくても買い物ができる分、使い過ぎないように注意が必要です。
プリペイドカード 代金先払い式のカードで、「使いきり」のものと「チャージ式」のものがあります。「使いきり」のものは書いてある金額分までしか使えません。「チャージ式」はカードに入金している金額分が使え、お金を足して繰り返し使えます。
電子マネー 電子的なデータのやりとりによって決済を行う支払方法(サービス)です。チャージ式のプリペイドカードもそのひとつです。カード式だけではなく、携帯電話にその決済機能を持たせているものもあります。先払い式と後払い式があります。レジなどに置いてある端末に「ピッ」と触れさせるだけで支払いができます。後払い式の場合は、クレジットカードと同じように使い過ぎないよう注意が必要です。
デビットカード 金融機関のキャッシュカードを使用して、現金なしで買い物ができるサービスです。クレジットカードと違って、代金は口座から即座に引き落とされるので使い過ぎの心配がありません。